電気代を抑える!省エネに効果的なエアコンの選び方と使い方

エアコンを買う

エアコンを選ぶ際には、以下のようなポイントに注目することが大切です。

エアコンの選び方

1.冷暖房の能力

エアコンの能力は、冷房時には「冷房能力」、暖房時には「暖房能力」と呼ばれます。購入するエアコンの冷房能力は、設置する部屋の広さに合わせて選ぶ必要があります。一般的に、部屋の広さが大きいほど、冷房能力も大きくする必要があります。暖房能力も同様に、適切な広さの部屋を暖めるために必要な能力を選ぶ必要があります。

基本的に低馬力であるほどエアコンの値段は下がるので低馬力のエアコンを選んでしまいがちですが、適切な冷暖房能力のエアコンを選ばない場合以下のようなデメリットがあります。

1. 冷暖房能力不足:
エアコンの馬力が低い場合、冷房時や暖房時に設置する部屋を十分に冷房・暖房できない可能性があります。特に、部屋の広さが大きい場合や、日当たりの悪い場所に設置された場合などは、馬力が不足することがあります。

2.電気代の増加:
エアコンの馬力が低い場合、設定温度を下げたり、長時間稼働させたりする必要があるため、電気代が高くなる可能性があります。消費電力の大半を占める圧縮機がフルで回り続けるのでその分電気代が高くなります。

3. 故障や劣化の早期化:
エアコンの馬力が低い場合、高負荷で動作することが多くなります。そのため、故障や劣化が早く進む可能性があります。また、エアコンの運転音が大きくなったり、冷暖房の効きが悪くなったりすることもあります。圧縮機へのダメージが多いと修理することは難しくなります。

4. 部屋の快適性の低下:
エアコンの馬力が低い場合、設置する部屋の温度や湿度がうまく調整できないため、部屋の快適性が低下する可能性があります。特に、暑い夏や寒い冬の時期には、馬力が不足すると部屋の快適性が著しく低下することがあります。

以上のように、エアコンの馬力が低いと、冷暖房能力不足や電気代の増加、故障や劣化の早期化、部屋の快適性の低下などの問題が生じることがあります。適切な馬力のエアコンを選ぶことで、これらの問題を回避することができます。特に昨今の電気代の高騰により、電気代のデメリットは無視できないですね。

2.エアコンの種類

エアコンには、家庭用だと壁掛け型が主流ですが、業務用だと天井埋込み型、天吊り型、床置き型などの種類があります。設置する場所や用途によって、適切な種類を選ぶ必要があります。

3.省エネ性能

省エネ性能の高いエアコンを選ぶことで、電気代を抑えることができます。エアコンの省エネ性能を比較する際には、エアコンの「エネルギー消費効率」を参考にすると良いでしょう。
特にAPFは年間での消費効率を表しているのでこちらを重視するのが良いでしょう。

APFについて

APF(エアコンのエネルギー消費効率)は、エアコンの省エネ性能を表す指標の1つです。APFが高いほど、同じ冷房や暖房能力を持つエアコンでも消費電力が少なくなります。つまり、APFが高いエアコンを選ぶことで、同じ快適な温度を保つために必要な電力量を抑えることができます。また、省エネ性能が高いエアコンは、長期的に見て電気代を節約することができます。そのため、エアコンを選ぶ際には、APFを重要な指標の1つとして考慮することが推奨されます。
あまりないとは思いますが、冷房の消費効率はいいが、暖房の消費効率が極端に低い場合、冬場だけなぜか電気代が高くなるといったことも起きうると思われます。

4.フィルター性能

エアコンは、空気中のホコリや花粉などの微粒子を取り込み、フィルターで除去することができます。フィルター性能が高いエアコンを選ぶことで、部屋の空気をきれいに保つことができます。

見過ごされがちなフィルター効果ですが、以下のような重要な役割があります。

1.健康面:エアコンのフィルターは、空気中の微粒子を除去することができます。特に花粉やダニなどはアレルギーを引き起こすことがあり、フィルターで除去することでアレルギー症状を軽減することができます。また、フィルターによって、空気中のウイルスや菌も除去されるため、健康面でも重要な役割を担っています。

2.エアコンの効率:エアコンのフィルターにホコリや汚れが溜まると、エアコンの効率が低下します。フィルターが詰まると空気の流れが悪くなり、冷房や暖房の効果が低下するため、同じ能力を維持しようとするとやはり電気代が高くなってしまします。簡単に掃除できるタイプのフィルタが欲しいところです。

3.エアコンの寿命:フィルターが詰まると、エアコン内部に汚れが蓄積されるため、故障や部品の劣化を引き起こすことがあります。そのため、フィルターの清掃はエアコンの寿命を延ばすことにもつながります。

5.機能性

エアコンには、タイマー機能や自動清掃機能、風向きの自動制御機能など、さまざまな機能があります。これらの機能によって、エアコンの使い勝手が良くなる場合があります。自分が必要な機能を考慮して、適切な機能性を持つエアコンを選ぶことが大切です。

まとめ

以上のように、冷暖房能力、エアコンの種類、省エネ性能、フィルター性能、機能性などを考慮して、自分に合ったエアコンを選ぶことが大切だと思われます。

これから、エアコンにまつわる情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました